So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

3本立て映画 [日常]

朝の体重67.7kg

9AE08459-2.jpg

月下の作業
99A03761-2.jpg

















海老網漁師さんは夜中2時に起きて3時頃海から網を上げて4時から網捌き。
夏の暑いときは午前9時頃から11時、13時から15時と一番しんどいときに海に潜りアワビを捕ります。
厳寒の冬は夜中に起きています。
逆だったらまだしも、とてもたいへんな志事。
志摩の食材はこうやって支えられています。
来月89歳になる母も私を産むまでは海女をしていました。
自分もこうやって支えられてきたと思うと感謝しかありません。


99A03762-2.jpg

朝日は雲の中から出て来ましたが、確実に光の強さは増しています。
それでもとても寒い朝でした。
朝8時過ぎに出発して明和109シネマズへ。
ずっと行ってなかった映画です。
家族3人で楽しみました。
天気は良かったのですが、写活はお休み。
たまには家族で上質の文化にも触れないといけません。

映画鑑賞は妻のプロデュース。
妻は人を楽しませることが大得意。
ネクシープレミアムで毎月1000円払って映画のチケットを2枚買っています。
それがたまると家族で映画に行きます。
今回ずいぶんたまっていましたが、3人で6枚。
離れて暮らす長女次女にもあげているので、上手く使えています。
500円で映画が見られ、エグゼクティブシートにも座れてお得です。

妻がチケット買うのを待っているときに、案内係をしてくれている女性の後ろでおおきなクシャミをしてしまい、驚かせてしまいました。
「ごめんなさい、7分くらい寿命を縮めましたね」
というと笑ってくれました。
なかなか対応の良いお嬢さんで気分良く映画に行けました。
やっぱり笑顔は良いなあ。

最初の映画は「今夜ロマンス劇場で」
席に着くと知り合いの先生とバッタリ。
ご夫婦で来ていました。
この映画を夫婦で見るとさらにさらに絆が強くなるのでしょう。

ファンタジー系は苦手なのですが、映画の世界観にだんだん引き込まれていきました。
坂口健太郎さんの朴訥な演技が長女の夫と被ってしまいました。
綾瀬はるかさんはおてんばキャラがはまっていました。
映画の最後で今まで自分は妻を大事にしてきたかなあと反省し涙がこぼれてきました。
劇場から廊下に出るときも二度泣き。
こんなの初めてで心が温かくなりました。

1本目が終わったら大阪王将で昼食。
いつも障害者支援サークル「アリス」で一緒の方と会いました。
かつての保護者と生徒です。
奇遇です。

2本目は「祈りの幕が下りる時」
劇場に入ると昨年の妻の上司がご夫婦でいました。
ご縁だなあ。

映画のことは何も知らずに入ったのですが、後から調べると原作は東野圭吾でした。
そう思うと納得です。
何も無いようなところからどんどんひとつひとつの事柄がつながっていきます。
阿部寛さんは最近たくさんの映画に出ていますが、いろいろなキャラクターを完璧に演じています。
松嶋菜々子さんは久しぶりに見ましたが、鬼気迫る表情で引き込まれてしまいました。

家族愛の深さを感じました。
自分は子どもをこんなに愛していただろかと反省しました。
知らず知らずのうちに涙が出ていました。

次まで1時間ほどあったので、アイスクリームで休憩。
食べた後カインズホームでカワセミ用にとメダカを見ましたが一匹100円くらいします。
カワセミの餌には申し訳ないと思って購入をやめました。

3本目は「DESTINY鎌倉ものがたり」
妖怪や魔物が出てくる映画は苦手なのですが、ここでもだんだん映画の世界観に引き込まれていきます。
高畑充希さんが可愛すぎました。
この映画でも夫婦愛を再確認。
自分は自分の命を削ってまで妻に会いに行くかなあと反省しました。
最後の方でほろりときました。

映画3本も見ると「疲れてしまうかも」と思いましたが、エグゼクティブシートのお陰もあり、体も心もホッコリでとても良い時間を過ごしました。

帰宅して8時過ぎに自宅で夕食。
博多ラーメンとおにぎらずをついつい食べ過ぎました。

夜はオリンピック観戦。
女子ジャンプの高梨沙羅選手が健闘の銅メダル。
女子スピードスケートの高木美帆選手が銀メダル。
男子モーグル原田一選手が銅メダル。
どちらも競技史上初の快挙。よく頑張りました。
スピードスケートはジャンプと重なっていて放送が地上波とB/Sでスピードスケートは見逃しました。残念。

屋内競技は夜19時から21時くらいでもいいと思いますが、屋外のしかも風の強い今回の会場で12時近くまで競技するのはやっぱり選手のことを考えていない気がします。
オリンピックが商業主義になりすぎたかなあ。
お金がないとできないのでテレビの放映権などに頼るとこうなるのでしょう。

札幌オリンピックは昼間で、小学校5年生の時に授業中テレビを見せてくれました。
今だと授業確保とか言われるかも知れませんが、ウインタースポーツに触れると言うことで、体育の授業、オリンピックの歴史を学べば社会、選手の生き方背景を考えれば道徳にもなります。
何より感動があるオリンピックを子ども達に見せることは夢を与えることにつながります。
期間限定の貴重なコンテンツ。
感動を教育にいかせるチャンスです。

充実の1日。
充実しすぎた3連休。
感謝感謝。
nice!(6)  コメント(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。